カテゴリー別アーカイブ: 個別指導と集団指導の違い

「個別指導塾の取り組み」

成績を上げるためには集団塾と個別指導塾のどちらが良いのかと言えば個別指導塾を選ぶ人が多いと言います。

学習するためには授業を受け、それを理解し考え、定着させて行く事が重要です。
そして実際に成績を上げるには、定着させたものを使えるようになって行かなければなりません。

確かに理解するという点では、個別指導塾の場合一人ひとりのこれまでの学習状況や正確に合わせた授業を行うので一斉授業の集団塾より理解しやすいと言う事は言えるでしょう。

ただ、考えず一方的に受け入れるという点では授業の方法に問題があるわけで、
生徒が考えられるような授業の進め方を行わなければ本当の理解にはつながらないでしょう。

少人数制が良いというのは対話による指導を行っているところが多いからです。

個別指導塾でも最近対話式の授業を行っているところもあるようですし、
個別指導と少人数クラスの両方を実施しているところも増えているそうです。

さて、次に問題になるのが家庭学習です。
その後のアウトプットに関しては、模試などでトレーニングできますし、
テスト+解答・解説を多く組み込んでいる進学塾は多いです。

ただ、塾に通ってない日のフォローが問題になるのです。

そんな中、週に何回でも通える個別指導塾「cubic」をみつけました。
「毎日学べる個別指導コース」は、小学4年生~中学3年生は週に何回受けても定額となっています。
毎日やる事で「勉強習慣の確率」「勉強のやり方の確率」を目指しています。